伝統工芸品 銅蟲

銅蟲細工は、今より三百数十年前、藩主浅野候がお抱え職人の清氏に創案させた技法

銅板を鍛えて花瓶等を作り、広島藩の特産品として軋臾召亡鸞し非常に好評を得たのが始まりです。

銅蟲製品は年月と共に光沢、あじわいを増し独特の風合が出て来るのを茶人、雅人等に愛され

広島の伝統工芸品として記念品、贈答品等、県外や外国へのみやげ品として好評を得ております。

9商品 1-9表示
9商品 1-9表示

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。